医業分業と処方せん | 一般社団法人 枚方市薬剤師会

一般社団法人 枚方市薬剤師会おくすりひらかた
  • HOME
  • 薬剤師会の紹介
  • 薬局薬店リスト
  • リンク集
  • お問い合わせ

医業分業と処方せん

医業分業とは?

医業分業とは、病気になり医師の診察を受けた際に、病院・診療所で薬をもらう代わりに処方せんをもらう方式のことを言います。

処方せんには薬の種類、使い方が書いてあります。その処方せんを持って街の保険薬局に参りますと、薬剤師が書かれている薬の量や服み合わせ等をチェックの上、調剤します。皆様方には、処方せんと引き換えに薬が渡されます。

医療の高度化と共に機能分化が進み、現在の医療には様々な専門分野があり、それぞれの専門家が努力し、協力し合うことでよりよい医療の提供が図られます。

患者さんは、都合のよい保険薬局を自由に選ぶことができます。処方せんは、複数の薬局へ持って行くのではなく、一ヶ所の薬局(かかりつけ薬局)へ持っていきましょう。自宅の近くの薬局なら、薬についてなどいろいろな相談に便利なのでおすすめです。

かかりつけの薬局では、患者さん毎に「薬歴」を作成し、病院や医院の薬、一般薬や相談など全て記録し、アレルギーや禁忌症、のみ合わせなどの確認を致します。また「薬歴」をもとに納得のいくまで説明を受けることができます。これらにより、処方せんをもって薬局にいくことが患者さんにとって大きなメリットになります。

今後も医療の質の向上にむけて不可欠なものとなりますので、なんでも相談のできる薬剤師さんがいるかかりつけ薬局を見つけておくとよいでしょう。

処方せんとは?

病院で処方せんを発行してもらったら、「保険薬局」や「処方せん調剤」の表示のある薬局にもっていけば、処方せんの内容ににもとづいて調剤してもらえます。

お薬をもらったら、通常、一部負担金の支払いとともにお薬をいただいてください。一部負担金に関しては保険の種類によって異なります。ただしお年寄りや乳幼児など等、頂かない場合もあります。自宅や職場の近くに相談のできる薬剤師さんのいる薬局を選ぶと良いでしょう。

処方せん Q & A

処方せんって何ですか?
あなたが病気にかかってお医者さんに行きますと、まずあなたを診察します。次に、必要ならいろいろと検査します。その結果、治療上薬が必要となると、使う薬を選び、その量を決め、使い方を決めます。これを記入したものが処方せんです。処方せんを渡されたら保険薬局に持って行き、調剤してもらってください。
お医者さんはどうして薬をくれないで処方せんをくれるのですか?
お医者さんは処方せんを出すことにより、薬の保管管理等の業務を薬剤師に任すことができるため、診療業務に一層力を入れることができます。その分だけ患者さんに手が回るようになり、あなたはより充実した医療を受けられるようになります。
どんな薬局を選べばよいのでしょうか?
薬局は自由にお選びいただいて結構ですが、自宅や職場の近くなどに「かかりつけ薬局」を決めると便利でしょう。あまり遠方だといざというとき不便になるかもしれません。
薬を扱う店ならどこでも、処方せんで調剤してもらえますか?
調剤を行えるのは薬局だけです。また皆さんが受けておられる健康保険による診療の処方せんは「保険薬局」でないと保険が適用されませんので、「保険薬局」の表示のある薬局に行ってください。
「かかりつけ薬局」のメリットは?
  1. あなたの体質やお使いになる薬などを薬歴カードとして記録していますから、複数の医師から処方された薬や大衆薬等が重複して使用されたり、あるいは飲み合わせが悪くならないよう「あなたの薬」に関して総合的に把握します。
  2. 薬の正しい選び方」、「薬の正しい使い方」、「薬の正しい保管の仕方」などについてもお気軽にご相談いただけます。
  3. 大衆薬をお求めにこられたときでも、医師の診察・検査などが必要と判断されるときは医師への受診をお勧めします。
  4. あなたの処方箋がすぐに調剤できない場合でも、後ほど調剤したお薬をお届けするなど、とても便利な薬局です。
処方せんは代理の者が持って行っても調剤してもらえますか?
処方せんがあれば、ご本人でなくてもかまいません。患者さんはお宅でお休みになり、ご家族などが処方せんをお持ちになっても、調剤が受けられます。
薬局では処方せんに書いてある通りの薬を調剤してもらえますか?
はい、もちろんです。処方せんの通り正確に調剤します。
薬局では処方せんに書かれた薬について説明してくれますか?
はい。薬を安心して使っていただくために、使用方法や保管方法など説明は充分いたします。薬について疑問がありましたら薬局の薬剤師にお問い合わせください。
処方せんを薬局に持って行くと、調剤する前にいろいろ聞かれたりすることがありますが、なぜですか?
安心して薬を使用していただくために、薬剤師は処方せんを受け付けると、まず患者さんから必要な情報をお聞きします。処方された薬と同じ成分の薬で過去に副作用やアレルギーが起こったことがないか、他に薬を使用していないかなどをお聞きし、アレルギーの心配がないか、他の薬と一緒に使用して大丈夫かなどを判断して調剤します。なお、一度お聞きした事項は薬局で記録しておき、次回あなたが処方せんをお持ちになったときは役立てています。

  • 決めよう、ひとつの薬局に!さがそう、信頼できるかかりつけ薬剤師を!
  • 禁煙サポート薬局リスト
  • 大阪府薬剤師会
  • 枚方市医師会
  • 枚方市歯科医師会
  • 大阪 e-お薬手帳